2019年05月18日

沢山の気づき

今年の3月に卒業しました、チャイルドラインのYです。
ブログの更新は随分久々になってしまいました。すみません。

チャイルドラインには大学1年の夏から卒業まで所属させていただきました。大学生活で一番長く続けたものです。

子どもと関わることに挑戦したのはチャイルドラインが初めてでした。そこから子どもと関わって支援していくことに関して興味がわき、インターンシップやアルバイトも子どもと関わる活動を中心に取り組んできました。

その関わりではやはり傾聴というワードが重要です。時には指摘も必要ですが、いったん受け止めてから指摘をすることで自尊心の傷ついている子どもは特に自分を否定されずに成長できるのではないでしょうか。

傾聴を意識しながら取り組んでいくことが、私の子どもとの関わり方の基本になっています。

●●●
さて、電話の内容についてですが、たくさんの子ども達の声を聴いて分かったことについてお話しします。
電話を取ってきた中で、子ども達は何かを伝えることに遠慮する様子が見られることが分かりました。特に大人に対して、○○と言われたが違和感があるけれどとりあえず従っている、ということを多く聞きます。
どこかで大人の言うことは絶対で、その言葉や行動がおかしいと思っていても不満を言えないし誰かに相談できないのです。
電話を取る中で「言いたいことは言ってもいい」という事を何回も伝えてきました。

子ども達には、大人に言われることに仕方がなく従うというよりは大人と向き合って話をしてほしいと私は考えています。
おかしいと思うことを口に出さないと、状況は改善されず違和感やフラストレーションを抱えながら過ごすことになるからです。
伝えてみても改善されなければ、周囲の頼れる大人に相談してほしいです。
これも電話を取る中で何回も伝えたことの1つです。

性的虐待の例を出しますが、大人からの脅迫がある場合があります。
しかし性的虐待は子どもがはっきりと断ることができれば、ほとんどの場合で加害は防がれるというのです。
この話を聞いたときは正直驚きましたが、同時に自分の気持ち、特に嫌だと思った気持ちを伝えることがどれだけ重要かを思い知りました。

そのため電話を取る中でもチャイルドライン以外で子どもと関わる機会を持った時も、不満を言えないという子どもに対しては必ず「嫌だと思ったことは伝えても」という事を言っています。

私も不満やおかしいのではないかと思ったことに対しては口に出して言うことができませんでした。ですが、今では言ってはいけないことはほとんど無くて、伝え方を考えれば言ってもいいのだと思うようになりました。(例えば人の傷つくような暴言を言わないということです。)

●●●
チャイルドラインでは傾聴を少なからずは身につけることができました。(心理学の講義でさんざん「傾聴は本当に難しい」と言われてきたのもあり、身につけたとは言うのは難しいですし、これからも学びは続くと思っています。) 

以上で触れた気づきもありましたし、様々な意見を聴くことで同じような考えの人はいてもそれぞれに使う言葉が違うので本当に人はそれぞれ個性があります。そんな考え方あるのか!だったり、そんな言葉を使って表現するのか!なんていう驚きもしばしばありとても濃い時間でした。

私は3月に大学を卒業し、4月から子どもと関わる仕事をしており、これからも傾聴は私のベースにあります。

いままで関わってくださった先輩方、ファシリテーターの方、チャイルドラインの皆さまには感謝で一杯です。
本当にありがとうございました。


●●●
先日ある学校に伺ったところ、チャイルドラインのポスターを見つけました。今後もチャイルドラインが子どもにとっての助けや支えになることを期待しています。
posted by ヤングライン at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「傾聴」のむずかしさ


こんにちは。チャイルドライン千葉ヤンググループのKです。

子どもと電話で話をしていると、「傾聴」がとても難しいことだなぁと感じます。
子ども達は電話でさまざまな話をしてくれます。その中には悩みを相談してくれたり、心のモヤモヤしたものを吐き出したりしてくれる電話も多いです。そのような電話を聞いていると、ときどき子ども達にアドバイスをしたり、正論で答えそうになってしまうときがあります。

ですが、電話をかけてくれる子どもの多くは、アドバイスや正論を求めているわけではありません。必ずしもそうとは言えませんが、ただ話を聴いてほしくて電話をかけてきてくれる子どもが多いです。受け手から質問を投げかけて話を続けていくこともありますが、基本的に受け手は話を聴き、子ども達が話したいことを話すというように電話をすることで、子ども達は「話してたら気持ちが落ち着いた」「話せてよかった」といった気持ちになれるのです。

というように理解をしていても、実際に私は電話を受けている時に、ときどきアドバイスや答えをこちらから伝えそうになってしまうときがあります(実際に正論を伝えてしまって失敗してしまったこともあります…)。相手が辛そうに電話をしていると「どうにか元気になってもらいたい」という気持ちが強くなってしまうからかもしれませんが、チャイルドラインの受け手の姿勢は「傾聴」です。難しいですが、子どもが話したいことを安心して話せるチャイルドラインの受け手でいられるようにこれからも頑張っていきたいなと思います。

チャイルドライン千葉ヤンググループでは、受け手を募集しています。
毎回ファシリテーターの方とメンバーで、アットホームな雰囲気の中で活動を行っています。
ぜひお気軽にお問合せください。

問い合わせ先:NPO法人子ども劇場千葉県センター事務所
TEL:043-301-7262
E-mail:kidchiba@lily.ocn.ne.jp
ヤンググループ募集ちらし(2013 8).doc

bn_234_60.gif
posted by ヤングライン at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「理解者」の存在について


こんにちは。チャイルドライン千葉ヤンググループのKです。

チャイルドライン千葉ヤンググループは、2017年も1月から活動を行っています。

私は受け手を始めてまだ半年ほどですが、チャイルドラインにかけてきてくれる子どもたちの話を聴いていると、子どもの気持ちを理解し、受け止めてくれる大人が周囲にいない状況の子どもが多いなと感じます。18歳以下の子どもたちは、大人に比べて生きている世界が狭いです。その中で子どもの気持ちを理解できる大人に出会えなければ、子どもは苦しいときに逃げ道がなくなってしまいます。家庭、学校、塾、習い事など、どこかで一人でも自分を理解してくれる大人がいれば、子どもの気持ちは救われるのではないかと思います。

チャイルドラインに電話をかけて話をすることで、子どもの気持ちが少しでも楽になってくれたら、受け手としてはとても嬉しいことです。ですがチャイルドラインでは一期一会の出会いであり、個人に対して継続的に話を聴くことは難しいです。なので少しでも多くの子どもに、身のまわりで自分を理解してくれる大人と出会ってほしいなと願っています。


チャイルドライン千葉ヤンググループでは、受け手を募集しています。
毎回ファシリテーターの方とメンバーで、アットホームな雰囲気の中で活動を行っています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:NPO法人子ども劇場千葉県センター事務所
TEL:043‐301-7262  E-mail:kidchiba@lily.ocn.ne.jp
ヤンググループ募集ちらし(2013 8).doc
bn_234_60.gif
posted by ヤングライン at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。