2016年09月11日

受け手について

こんにちは。チャイルドライン千葉ヤンググループのOです。

今回は受け手について書こうと思います。
私が受け手になったきっかけは大学の講義でチャイルドラインについて学んだことで
す。なんとなくしか知らなかったチャイルドラインについて、かけ手ではなく運営す
る側、受け手の面から知ることで改めてチャイルドラインの必要性を感じました。子
どもの悩みやそれに関する社会問題について、考え、学ぶことも増えました。受け手
を始めて一年が経ちましたが、未だに電話を取るときは緊張します。

チャイルドラインでは『傾聴』という言葉が大切にされています。受け手はかけ手の
子どもたちの話を一生懸命聴きます。目安は8:2で受け手の方が話す量は少なめで
す。しかし、その2に受け手は様々な工夫をしています。相槌の仕方、気持ちを表す
言葉を拾うことなどそれぞれの受け手が自分なりの話し方、聴き方でかけ手の話を聴
きます。

話し方、聴き方は人それぞれですが、『傾聴』の基本のルールを守りながら電話を
とっています。みんなちがってみんないい。お互いを認め合いながらヤンググループ
はそれぞれ受け手をしています。ですからぜひ、受け手になって子どもたちの話を聴
いてみませんか?

ファシリテーターと呼ばれる受け手を支える方もいて、毎回の活動に来てくださいま
す。受け手の悩みや不安に思ったことは寄り添って一緒に考えてくれます。勿論、他
の受け手のヤンググループメンバーもです。

少しでもチャイルドラインの活動に興味を持って頂けたら幸いです。

ヤンググループでは「受け手」スタッフを募集しております。
18〜30歳で、第2・第4土曜日に都合のつく方は、
以下の募集要項をぜひご覧ください。
ヤンググループ募集ちらし(2013 8).doc
posted by ヤングライン at 10:22| Comment(0) | チャイルドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。