2015年04月04日

チャイルドラインが大切にしていること

こんにちは。チャイルドライン千葉ヤンググループ所属のFです。
初めてこのブログを書かせていただきます。2月から電話を受け始めたばかりです。
受け手を始めるにあたってファシリテーターの方、先輩の受け手の方から様々なことを教えていただきました。
その中で「なるほど」と思ったこと、チャイルドラインが大切にしていると感じたことを今回は書
かせていただこうと思います。

・「待つ」ということ
電話をかけてくれた話し手の方も、どこから話し始めればいいかわからないとき等は沈黙が続くことがあります。私が研修でロールプレイングをしたときは、会話中の沈黙を恐れて質問を重ねてしまったことがありました。しかし、その沈黙の間も話し手の方が「次に話すことをまとめている時間」であるということを教えていただきました。電話の向こうで自分の言葉を待ってくれる人がいるということだけでも話し手の方に安心感を与えることができるのだと知りました。

・話し手の方が自分で考えられるようにすること
チャイルドラインでは「子ども自身が自分の力で成長する」ことを望んでいて、「自分を知っているのは自分自身」であると考えています。そのため話し手の方の話してくれることを全て聞いた上でこちらが発言するようにします。「話し手の方の感情を先回りして整理してはいけない」ということを学びました。電話の受け手は会話の中で「あなたはどう考えている?」という質問を多くして、自分自身のことを考える時間を作るように心掛けています。「自分を知っているのは自分自身」だからです。

・「聞いてもらえた!」という満足感 ――「気持ちを聴く」ということ
見学や研修を経て、チャイルドラインが大切にしているのは「感情を受けとめること」であると感じました。そのため、話し手の方の発言量が多くなるようにします。話し手の方の周りで起こった「出来事」ではなくそのときの「気持ち」についていくことが大切であると教えていただきました。ロールプレイングの際、私は相手の状況を整理することに集中してしまい、肝心な「気持ち」を聴くところまでいけませんでした。「聴いてもらえた!」という満足感は、自分のもやもやした気持ちを話せたときに初めて得られるものなのだと感じました。

・受け手の自己一致
最後に電話を受ける私たち、受け手の自己一致についてです。自己一致とは自分の一貫性を保つ、つまり自分がこれ以上聴けないけないと思う内容の電話は、そのことを伝えるということです。チャイルドラインでは話し手の方の気持ちを大切にするのはもちろんのこと、私たち受け手の感情も大切にする仕組みが整っているということを学びました。

以上の4点を私が2か月で感じたこととしてまとめてみました。これから活動の中でさらにいろいろなことに気付き、自分自身も成長していけたらと思っています。

よろしければtwitterものぞいてみてください。
https://twitter.com/younglinechiba
また、ヤンググループでは「受け手」スタッフを募集しております。
18〜30歳で、第2・第4土曜日に都合のつく方は、
以下の募集要項をぜひご覧ください!
ヤンググループ募集ちらし(2013 8).doc
https://youngline.up.seesaa.net/image/E383A4E383B3E382B0E382B0E383ABE383BCE38397E58B9FE99B86E381A1E38289E38197EFBC882013208EFBC89.doc
posted by ヤングライン at 02:12| Comment(0) | ヤングライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。